睡眠サプリと食事の関係性について

血糖値を低く抑えること

睡眠サプリと食事の関係性を知ることで、睡眠の質も改善しやすくなります。血糖値が高いと成長ホルモンの分泌が少なくなり、睡眠も浅くなってしまいがちです。サプリを活用するときにも、糖質をなるべく控えたほうが効果もより期待できます。快眠を得るためには就寝の3時間前までに食事を済ましておくことも大事です。食後は胃や腸が活発になっているので寝付きにくくなっています。胃に食べ物が残ったまま寝てしまうと、胸やけの原因にもなるので気を付けておきましょう。規則正しい食生活を心掛けていけば、サプリとの相乗効果も生まれます。どうしても夜遅くにしか食べられないときは、なるべく脂肪分の少ないメニューにしておくと安心です。

タンパク質が足りているか

糖質を抑える食事はタンパク質が不足しやすくなっています。新しい細胞を作ったり、睡眠の質を高める上でもタンパク質は重要な栄養素です。神経の興奮を抑える物質を作ることで、眠りにつきやすくなります。睡眠サプリに含まれている成分と働きが似ているのも特徴です。肉や大豆を食事に加えることで、タンパク質も効率良く摂取できます。高タンパクな食事は低カロリーなものが多く、睡眠はもちろんダイエットにも効果的です。睡眠サプリの効果を高めるには、食事をしっかり取ることも大切になってきます。空腹の状態でサプリを飲んでも、本来の効果は発揮できません。基本となる食生活を整えていけば、サプリの効果も実感しやすくなるでしょう。

Copyright © . Sleeping Support. All Rights Reserved